スポンサードリンク

生理周期でダイエットに関係する排卵日

女性にとって一番大事な生理周期をきちんと理解していますか?
女性は基礎体温をつけることによって、排卵が起こる時期がある程度自分なりにわかってくるはずです。

だいたい排卵日生理が始まって14日目からと言われています。
自分の生理の周期を見てだいたい中間日あたりになります。

排卵の時期は黄体ホルモンが活発になると同時に体温は高温期に突入します。
高温期は大腸からの水分の吸収率が盛んに行なわれ、体内に水分をたくさん溜め込む体質になります。
そのために、むくみが出たり一時的な体重の増加がおこってきます。

高温期には水分代謝を良くするために緑黄色野菜など食べたりすることでむくみなどを改善できます。
むくみは脂肪ではないので、水分代謝をよくする緑黄色野菜などを中心に摂取するのもいいかもしれません。

この時期にダイエットを行なうことは、普段よりも代謝機能が衰退しているので
あまり体重が減ることは期待できない
ようです。
女性の体には、痩せやすい時期痩せにくい時期にわかれているので、自分の体を知ることから
ダイエットを始めてみるのも痩せることへの近道なのではないでしょうか。

案外、痩せにくい体質と感じていたことは生理周期が関係していたのかもしれませんね。

生理と便秘とダイエットの関係

女性の多くは便秘に悩みを抱えている方がたくさんいます。
その便秘の悩みにも、女性ホルモンが大きく関係しています。

生理前や妊娠初期には黄体ホルモンの分泌が盛んに行なわれます。
黄体ホルモンが盛んに行なわれることで普段よりも便秘体質になりやすく、気分的にもイライラしたり、
ストレスなどが重なって便秘が悪化する
というように生理便秘は大きく関係しています。

女性ホルモンにはエストロゲンと呼ばれるものと黄体ホルモンがあり、黄体ホルモンの分泌によって
便に含まれる水分が低下していきます。
女性に大事な黄体ホルモンは便秘を誘導しているように感じられますが、女性にとってはとても大事な
ホルモンの一つなので、黄体ホルモンが分泌されなくては女性の妊娠や出産が行なわれないのです。

そこで、黄体ホルモンが増える時期に意識的にバランスの取れた食事や食物繊維摂取を意識するなど
規則正しい生活をすることで自然にダイエットに結びついていきます。

便秘体質を感じたときにはまだまだ体への配慮が足りていない証拠です。
便秘をしないためにも黄体ホルモンの活動とともに便秘をおこさせない心掛けをしていきましょう。

生理周期を知りダイエットを成功させましょう

生理周期を上手く利用することでダイエットできる方法があります。
女性の多くがダイエットというを言葉が頭に思い浮かべるという瞬間があるはずです。
体に負担をかけない方法でダイエットを行なうには、まず自分の生理周期を把握しておくことが大事です。

生理周期によって痩せやすい時期と太りやすい時期がわかれています。
生理周期の中ではエストロゲン黄体ホルモンが増えたり減ったりしながら女性ホルモンが作られていきます。

生理前の黄体ホルモンの活発化は新陳代謝が衰えるとともに体調が不安定になってしまいます。
そのせいから黄体ホルモンが活性化する生理前の1週間はダイエットに不向きな時期と言われ、
体がむくんだり体調が不安定になってしまっています

この時期に無理なダイエットを控えるとともに、心身ともにリラックスする気持ちを持つようにしましょう。

生理後の2週間は体内の水分量が減り脂肪が燃焼しやすい時期になりダイエット
向いている時期
でもあります。
新陳代謝が活発に行われている時期こそ、効果的な体操や食事に配慮しながらダイエットをしてみることを
おすすめします。
自分の生理周期を知ることが健康的なダイエットを行なう秘訣です。

生理前の症状「月経前症候群」

女性は生理前になると女性ホルモンの関係で太る体質傾向にあります。
ホルモンの分泌量が急激に変化し、むくみという症状となり「月経前症候群」とまで言われるようになりました。

女性は誰でも月経前症候群になりやすく、黄体ホルモンが大きく関係していることがわかっています。
この黄体ホルモンがもたらす影響は便秘をしやすくしたり、ダイエットしにくい環境を
作ってしまっていることです

生理ダイエットの関係を考えると気が重くなりそうですが、案外生理がくると、
この悩みは一気に解決され、痩せにく日々から開放されるようです。
月経前症候群にはいろいろな症状が見られるようですが、ダイエットという言葉に惑わされず
ストレスを溜め込まないようにしたほうがいいですね。

痩せたいという一心では生理とダイエットに向き合うことはできません。
ダイエットも気になりますが、体も大事ですからまずは自分の体調を考えて
生理前はあまり無理なダイエットをしないようにしましょう

女性にとって生理は一ヶ月の中でも大事な時期です。
お肌の管理も生理と大きく関係しています。月経前症候群にならないように心掛けましょう。

生理前はダイエットに向いていない期間

生理前ダイエットを行なっているつもりでも体重が全然減らない・・
という悩みを抱えている方が多いようです。
ダイエットで体重が減るというよりも逆に体重が増えるという方の方が多いのが現実です。

排卵から生理が始まるまでの間、黄体ホルモンが体内から多く分泌されます。
その間に体内は水分を溜めやすい環境にあり、一時的に体内で水分の貯蓄がおこなわれています。
ダイエットをしている方にとっては、体重が増えたとがっかりしますが、
これは一時的なもので生理が終わると体重は元通りになります。

女性ホルモンの関係で生理前は食欲が増えダイエットにむかない時期だと言えます
逆に、生理が終われば卵胞ホルモンが多く分泌されるようになり、体内の余分な水分や老廃物を
多く促してくれるようになるので痩せやすい時期になっています。

生理後は安定して痩せやすい状態になっているので、ダイエットをしたい方はこの時期に
集中して行なうのがいいでしょう

痩せやすい体質と痩せにくい体質の方といろいろですが、何ヶ月か単位で自分の体の特徴を
把握してダイエットに成功できるといいですね。

ダイエットと生理不順

毎月安定して生理がくる方は健康的であり何の問題もありませんが、
生理不順で悩んでいる方というのが最近あとをたちません。
生理不順は、体の不調を現している証拠でもあります。

その中でも、ダイエットのしすぎが生理不順の大きな原因の一つになっていることがあります。
ダイエットをしてスリムな体型になりたいとか、ダイエットをすればキレイになれるなど
夢を持つことは誰もが同じです。
でも、ダイエットが時に体を不安定にし、ストレスを多く伴っているということ、
そして女性ホルモンのバランスを崩すだけではなく生理不順となって体の変化を現してきます。

生理不順ダイエットだけが悪役ではありませんが、ストレスや食生活が原因となって
どんどんバランスを崩していることには間違いありません。

食事制限をしてダイエットをすることがあたり前になりつつある今の若者たちに、
一番大切なのは野菜や魚などバランスのとれた食事などで生理不順を改善し、
健康的な体をもとに健康的なダイエットをすることをしなければいけません。

生理は女性の体にとって赤ちゃんを産むための大事なもとになっています。
ダイエットと生理不順の関係を見直し、ダイエットが自分にとって本当に必要かどうか
もう一度考えてみましょう。

[PR] フラッシュオーバーダイエット 陥没乳頭手術 フランス語学習 失業保険 扶養 首のしわ対策 性感染症 検査 生理とダイエット